スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命の出会い


とりあえず家族紹介は後回しにして、、

私と家族にとって重大なニュースをご報告。




なんと、

明日、

新たな家族を迎えることになりました。
+゚。*(*´∀`*)*。゚+



ネコ目イヌ科イエイヌのオスです。←
(*´艸`*)


保護犬の里親募集をしている団体様からの譲渡なので
暫くはトライアル期間ですが

もう何があっても
一緒に暮らすと決めました。



その仔は
推定生後5ヶ月で
既に16kg越えだそう。( ゚ω゚;)


何故この仔を迎え入れることになったかを
綴っていこうと思いますが


かなーり長い話です。
読まれる暇な方は心して下さい。




産まれたときから犬と暮らしてきたヨーコさん。


先代犬ベルジアン・シェパードドック・マリノアのバロンを亡くした後


アンとメイの子育てに追われて
初めて犬の居ない生活を送っておりました。


先代犬はバロンも含め
みんな野良犬や迷子犬。


次の犬も、きっと今までのコたちと同じように向こうから私の前に現れてくれるはず、

と思ってました。






でも、現れたのは猫。
しかも3匹(゚Д゚)



産まれて初めての猫との生活は
とても充実していて幸せだけれど


猫たちを可愛がれば可愛がるほど

思い出す、バロンへの愛情。



やっぱり犬とも暮らしたい、

その気持ちが強くなって

自分から赤い糸を手繰り寄せようと

毎日何度も
里親募集のサイト巡りをしていました。


目に付くコは
みんなバロンに似ているコ。


毛色や足の長さ、耳の大きさなどの
見た目はもちろん

とても賢くて、優しくて、
人懐こくて、勇敢で、
時に仔犬のようにはしゃいで、
愛情表現豊かで、強くて、、

バロンと同じ
私にとって完璧な性格の女の子を探していました。


どんなコだって
家族になれば掛け替えのない存在になるし

バロンの代わりはいないって
わかってるのにね。




そんな中

ふと目に止まったのが
熊五郎(仮名)という男の子。


姿も似ていたけど

なにより
その写真の眼差しが、
バロンの賢い瞳によく似ていました。


でもオスなんです。

バロンはメス。


そこまでバロンに拘っている私に

オットが
それならバロンと同じ犬種を飼えば?と。


何気無い一言だったんだろうけど


本気にして調べたら
ちょうど家族を募集している
マリノアの仔犬がいて

連絡をしてみると
メスがまだ決まらずにいるとのこと。

しかもアンと同じ誕生日。


これは運命かも知れないと

2日後に
家族で往復5時間かけて
産まれて1ヶ月の仔犬に会ってきました。

そしてその3日後に
その仔を譲って下さいと連絡をいれ、

先方も快く承諾してくださった。


ワクチンなどについて
何度か連絡を取り合って

名前も
迎えに行く日時も決め

用品も買い揃え
リビングも仔犬のために模様替えもした。

毎日毎日写真を眺めて
今頃どのくらい成長しているのか
想像してワクワク。


1ヶ月後

ついに今週迎えに行く、というところで

先方からのキャンセルの連絡。


兄弟犬が続けて3頭亡くなって
原因もわからないので、との事。



突然のことで頭が真っ白。

もう自分の中では家族だったので
引き裂かれる思いに涙が出ました。


でも2ヶ月間大切に育てた命を
続けて3頭も亡くした親元さんは
もっと辛かったはず。

そんな中で連絡をくださったことに感謝しないとね。



ということで

振り出しに戻った家族探し。


里親募集サイトを眺めていて

こんなにも助けを求めている命が
沢山あるのに、

バロンに拘り過ぎていた自分が情けなかった。



1から
我が家の今の状況に合うコを
探してみました。


そこで再び目に止まったのが
熊五郎くん。

見た目がタイプなのもあるけれど

預かりスタッフさんの
まめなブログのおかげで
とってもイイコなのがわかったし

猫や子供たちともうまくやってくれそう、

晩年心臓が悪くて大好きな運動が出来なくなったバロンの分も一緒に沢山走ってあげられそう、、、

男の子だけれど
男の子のほうが素直で甘えん坊さんが多いっていうじゃない?

うちの家族になるのは
このコしかいないと思えたので
家族に相談。


好みにうるさいメイですら
二つ返事でこの子がイイ、と言ってくれました。
(*^ω^*)


幼児がいること、猫が3匹もいること、

保護犬の譲渡としてはマイナス条件。

子供たちを寝かせたあと
ドキドキしながら里親希望。


それが今月22日の22時。


団体さん、預かりスタッフさんの迅速な対応のおかげで

24日にはお見合いを果たし

明日28日には我が家に来ていただけることに。
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆




犬を飼おう、と家族で決断してからは

時間がかかったけど

この子だ、と思ってからはあっという間。


今思うと、迎え入れる予定だったマリノアの仔犬は
ただ見た目の可愛さと犬種だけで選んでいたし、

あの月齢の仔犬は
メイはもちろんアンですら
対応しきれなかったと思う。。。



運命ってあるんだなぁとつくづく。


どなたかが、

子どもやペットは
必ずその家庭にあった子、
その家庭が必要としている子が現れる

みたいなことを仰ってたけど

本当その通りかもしれない。



この出会いに感謝です。

スポンサーサイト

theme : 犬のいる生活
genre : ペット

comment

管理者にだけ表示を許可する

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ヨーコ

Author:ヨーコ




ベルンハルト(通称ベン♂)

推定2013年12月25日生まれ
Happy Pawsさんより巡り会い



アウディ(♂)
2015年7月2日生まれ
ペットショップ出身
先天性心疾患のため
里子に出されていた


MI-KO
ミーコ(♀)

元野良
推定2006~2008年生まれ


CHA-SUKKE
チャー助(♂)

ミーコの息子・元野良
推定2010年5月生まれ


チビ(♀)

元野良
推定2013年春生まれ


KINAKO
キナコ(♀)
推定2013年6月生まれ



その他大勢
と一つ屋根の下暮らしております。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
思い出の家族
バロン四世
BARON
♀なのにバロン...
ヨーコ実家の先代犬の名前は
代々バロンなんです。

ちびs(2010.9.23産まれ)

野良時代ミーコがヨーコ家に侵入し、クローゼットの中で産んだ仔たち。
三毛(オッドアイ)は生後1ヶ月の時、茶虎とキジ虎は生後2ヶ月の時2匹一緒に里親さんの家へ。
‐PR‐
検索フォーム
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。