スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追いかけっこ。



散歩コースの川沿いには
住宅地とは思えない程
野鳥が沢山おります。


ドハトやハシブトガラスは勿論

マガモ、カモメ、カワウ、シロサギ、
カワセミ、ムクドリ、シジュウカラ

その他名前がわからない鳥も。




最近ベンさんがお気に入り(??)の鳥は



アオサギさん。(小さっ笑)



最近
朝の散歩時間には
川に隣接する公園の
小さな池にいることが多く、


この池には柵が無いので

近くまで寄ることが出来ます。



でもいつもあと2m、
というところまで近づくと

対岸にふわっと移動してしまう。



それを何度か繰り返すのが

毎朝の日課になりつつあります。



アオサギさんにとっては迷惑かな?



実物はかなり大きく(ベンより背が高いです)
優雅に見えますが


実は
攻撃的で神経質なんだそう。


そのうち
怒られてしまうかも…。
(;・∀・)







にしても

こんなにも
沢山の自然の中
毎日散歩しているのに


写真が無いっていう…ね…

(=ω=;)


スポンサーサイト

今週の◯◯さんは?←



ベルンハルト君
ここ一週間は
他犬と遭遇しても
過度に興奮し近づこうとして暴れることは
ありませんでした。



まあ

元々

相手の犬が
走っていたり
グイグイ向かってきたり
吠えかかってきたり

そういう時だけ
反応していたので。


きちんと相手の飼い主さんが
制御されている犬のときは

興味はありつつも
なんの問題もなくすれ違えるのです。



猫も走って逃げる猫に反応するだけで
歩いて横切る猫には反応せず。

鳥も、止まっている鳥ではなく、
飛び立つ鳥だけ。





でもね

どんな犬、猫、鳥相手でも
散歩中は興奮しないようにしないと。



それに

犬だけでなく

話しながら歩いている人や
はしゃいでいる子どもにも

執着するので

スルーできるように頑張りましょう。






ベンに合ったトレーナーさんを
色々と探しています。

これが
なかなか難しい。


なんたって
我が子の将来がかかっていますからね。笑






週末恒例の朝ランは
土日とも私一人で連れて行ったので

なんの問題もありません。


土曜はとても寒く地面がガッチリ凍っていて
日曜は前夜の雨で土が粘土状になっていたせいか

あまり一緒に遊べる犬はおらず

ほぼ貸切状態でした。



唯一しっかり遊べた
ハスキーのうめちゃんと。












いつも必ずベンがマウントしてしまう
オシャレなグレーハウンド君には

興味を持たせないよう
近くへ行ったら
呼び戻しをしていたのですが

飼い主さんから
「今日は遊ぶの禁止なんですか?」と
聞かれてしまいました。


「今日は泥だらけでお洋服汚してしまうし
いつも上に乗ってしまうから、、、」

と答えたら

「そんなの気にしなくていいのに、
遊んでもらうの楽しみにしてるんですよ」と
仰ってくださいました。


ベンが嫌われているんじゃないかと
気にしていたのでホッとしました。


そう仰ってくださったのは奥様ですが、
旦那様の方はいつも挨拶をしても返して下さらないようなので…








なにやら
毎回代わり映えのないランの写真ばかりになってしまっていますが



動物も人も

みんな病気や怪我もなく

平凡に過ごしています。


幸せなことですよね。




問題行動。



週末
ベンをランで遊ばせる時、

いつもはランのある公園へ
オットに車で送り迎えだけしてもらい

私一人でベンを連れて行くんですが


昨日は
家族4人で行ったんです。



と言ってもランに入るのは私だけで

オットとアン、メイはランから
見えるところにある公園の遊具で遊んでいました。
小学生以下は安全面からランには立ち入り禁止なのです


前に家族で来た時にも

少し気が付いたのですが


今回は明瞭に問題が発覚。



ベンさん
家族(自分の群れ)がいると

気が強くなるというか

気が立ってしまうらしい。



今回は2度も
他の犬を襲ってしまいました。

遊びではなく、本気モードで。


激しく威嚇し押さえ込むのです。


噛み付くわけではないので
今回も前回も相手の犬を怪我させることはありませんでしたが

それは単に運が良かっただけ。


あれだけ大きな犬が本気で喧嘩をしたら
命を奪う程のダメージを与えることもあります。



そして今回は相手がベンの半分もないサイズの
甲斐犬だったので

噛まなかったとしても
怪我させてしまっていたかもしれない。


ランに入るときや

襲う前にも一瞬兆候があったのに

対処しなかった飼い主の責任。


更に
引き離すのに手間取ってしまい
猛省です。



相手の甲斐犬くん。



こちらは先週の写真。

普段は
とっても仲良く遊べるのです。


今回もいつも通り遊ぼうと
ベンに近づいただけなのに。





そして

今回とは少し違いますが

最近
他犬や猫、鳥などに対する執着心が
強すぎるように思います。


一度目に入ると

コマンドは勿論聞き入れないし

なんと
オヤツでも注意がそれない。


唯一、
ボールをちらつかせると
興味がそれることもありますが


対象物が距離的に近い時は
ボールでも全く効果無し。




本犬は攻撃的ではなく
遊びたいだけだとしても

このサイズの犬で
強すぎる執着心は問題です。



対象物ありきのトレーニング、
自宅では限界があるので

プロの元で訓練してもらう予定です。





11月にあるハピポさんの卒オフ会

楽しく参加出来るようになりたいですからね。
(・∀・)

01 | 2015/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

ヨーコ

Author:ヨーコ




ベルンハルト(通称ベン♂)

推定2013年12月25日生まれ
Happy Pawsさんより巡り会い



アウディ(♂)
2015年7月2日生まれ
ペットショップ出身
先天性心疾患のため
里子に出されていた


MI-KO
ミーコ(♀)

元野良
推定2006~2008年生まれ


CHA-SUKKE
チャー助(♂)

ミーコの息子・元野良
推定2010年5月生まれ


チビ(♀)

元野良
推定2013年春生まれ


KINAKO
キナコ(♀)
推定2013年6月生まれ



その他大勢
と一つ屋根の下暮らしております。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
思い出の家族
バロン四世
BARON
♀なのにバロン...
ヨーコ実家の先代犬の名前は
代々バロンなんです。

ちびs(2010.9.23産まれ)

野良時代ミーコがヨーコ家に侵入し、クローゼットの中で産んだ仔たち。
三毛(オッドアイ)は生後1ヶ月の時、茶虎とキジ虎は生後2ヶ月の時2匹一緒に里親さんの家へ。
‐PR‐
検索フォーム
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。